在宅ワーク:テープリライト :在宅夢仕事



スポンサードリンク

在宅ワーク:テープリライト

一昔前は在宅ワークといえば、即“テープリライト”なんてイメージがありました。
女性向けの雑誌には、“テープリライターを学んで在宅ワーク!自宅でラクラクお仕事が出来ます♪”みたいな広告がたくさん載っていました。
テープリライトの知識を通信講座で学び、講座終了後には、“お仕事が紹介されます”みたいな勧誘で・・・。
通信講座を受講するにはもちろん受講料がかかります。

最近はそんな広告を見かけなくなったので、テープリライトの在宅ワークがなくなったのではと思われる程です。
しかし、まだ、あるにはあるそうです。

実際のテープリライトの在宅ワークは、音声データで送られてきたものを、パソコンで何度も聞きながら文字にします。これも、通信講座で学ばなくてもできるものでした。
それよりも、頼まれた講演や対談に関する内容に精通していなければやりにくいもののようです。
医療に精通していない人が、医学に関する講演などのリライトはほぼ不可能に近いと思われます。
在宅ワークでテープリライトをしたい人は、自分の得意分野の講演会やセミナーなどに積極的に参加し、人脈を作って、その中で自分をアピールして、仕事を確保していくのも一つの方法だと思います。
転職活動データ

a_btn099.gif
posted by WHITE13 at 10:50 | 在宅ワーク>在宅ワークの種類
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。